ポチッと住まいるは住宅水廻り機器交換工事専門店。ネットで簡単見積り

[営業時間] 9:00〜18:00
見積り 見積り
探す 商品カテゴリから探す
  • TOP
  • お役立ち情報
  • トイレの交換時期はいつ?トイレ交換前に知っておきたい知識と費用相場

トイレの交換時期はいつ?トイレ交換前に知っておきたい知識と費用相場

家の中で、最もよく利用する場所はトイレではないでしょうか?そんなトイレも長年使っていると「汚れが目立ってきた」「便器が壊れた」「あの便利な機能が欲しい」など、トイレ交換を検討するご家庭も多いのではないでしょうか?
すでに交換を決めた方、交換したいけど一歩を踏み出せずに迷っている方も、各ご家庭で状況の違いがあるにせよ、便器・トイレの交換を行う時期はいずれやってきます。
今回、トイレ交換の時期と交換費用についてご紹介しています。

トイレ・便器の交換時期

トイレ・便器の交換時期

家族全員が頻繁に使う場所だからこそ、トイレ・便器の劣化や破損などの不具合も起こりやすいもの。
いつも快適なトイレ空間を保つためにも、トイレ交換の時期を把握しておきましょう。
以下はトイレ・便器交換時期の目安です。当てはまる内容があれば交換を検討してみましょう。

トイレの寿命を迎えた

ご家庭のほとんどの便器やタンクは陶器で作られており、耐久性が非常に高く、ひびが入ってしまわない限り100年以上使い続けられるといわれていますが、本体内部のパッキンや配管などの部品の経年劣化により、 10年ほどで寿命を迎えることとなり本体の交換が必要になります。
また、人気の高い温水洗浄便座(ウォシュレット)は、電化製品でさまざまな機能が搭載されているため、便器などと比べ寿命は短く、故障やエラーが発生する機会が多くなります。

便器にひびが入った

長年の使用や何かのはずみで便器にひびが入ってしまい、修理で対応できない場合は、トイレ本体の交換をおすすめします。ひび割れを起こすたびに修理するのもひとつの手段ですが、一度破損してしまったひび割れ箇所は完全には修復できないため、かえって症状が悪化し水漏れなどの不具合を起こす恐れもあります。 修理費用がかさみ、割れた陶器でケガをする危険性もあるので、思いきって交換を検討するのもよいでしょう。

トイレの水漏れや流れの不具合

トイレの水漏れや流れの不具合は、パッキンや配管などの部品の経年劣化が原因であることがほとんどです。目に見えない内部の部品は10年ほどで寿命を迎えます。 部品を取り替えても症状が改善しない場合は、トイレ全体の交換を検討しましょう。
また、温水洗浄便座(ウォシュレット)の不具合も同じことがいえます。通常の便器よりも寿命が短い傾向にあり、接続部分の金具類を閉め直しても解決しない場合は、交換を検討しましょう。

黄ばみ・悪臭・汚れなどが残る

トイレはいつも清潔に保ちたい空間ですが、長く使っていると、こまめな掃除をしていても黄ばみ・悪臭・汚れなどが残るようになります。最近の便器は汚れのつきにくい素材を使っていたり、掃除のしやすいフチレス形状や自動洗浄など、便利な洗浄機能が搭載されていたりするので、トイレ交換時の際に、これら機能も検討してはいかがでしょうか。

きれいで使いやすいトイレにしたい

きれいで使いやすいトイレにしたい

トイレは毎日使うものですし、特に来客時には清潔にしておきたい場所です。しかし、お使いのトイレが古いものであればあるほど汚れが落ちにくく、イヤな臭いが取れないなど、掃除に大変さを感じることが多くなります。
しかし、最近のトイレは、掃除やお手入れがしやすい洗浄機能に加えて、オート開閉・温水便座・脱臭など高性能な機能をもつ温水洗浄便座(ウォシュレット)が各メーカーから続々登場しています。また、節水・省エネ機能は快適な空間を作り上げることはもちろん、お財布にも優しくエコにつながります。

ライフスタイルの変化

家族が増えた、介護が必要になったなどのライフスタイルの変化もトイレ交換のきっかけです。家族みんなが使いやすく、心地良い空間にしましょう。

トイレ・便器の交換費用相場

トイレ・便器の交換にかかる費用は、取り付ける便器(便座含む)のタイプやグレードによって異なりますが、温水洗浄便座付きのタンク式トイレは約9万円からで、タンクレストイレは約18万円からが費用相場です。
タンクレストイレの価格が高い傾向にあるのは、タンク式トイレと比較し、搭載されている機能が豊富、コンパクトでデザイン性に優れているためです。
また、壁紙(クロス)や床材(クッションフロア)の張替えも便器交換のタイミングと同時に行うのが良いでしょう。トイレ本体の交換だけでなく内装部分も一新し、トイレ空間をお好みのデザインにすることで、より快適な時間を過ごせる空間となります。抗菌機能や防汚機能、防カビ機能など人気の高い機能性壁紙やクッションフロアなどは、費用が高くなるので、予算と相談して検討しましょう。

最後に

トイレは10年が過ぎると寿命といわれていますが、使い方・利用頻度によっては不具合が先に発生し、早めの交換を検討しなければならない場合があります。
今お使いのトイレの現状を把握し、トイレ交換の時期が近づいているようであれば、あらかじめ必要な機能を見定めておくことで、より快適なトイレ空間の実現がしやすくなります。
もしトイレ交換に関してお悩みでしたら、ポチッと住まいるにご相談ください。