ポチッと住まいるは住宅水廻り機器交換工事専門店。ネットで簡単見積り

[営業時間] 9:00〜18:00
見積り 見積り
探す 商品カテゴリから探す

トイレの種類と選び方

トイレ交換をいざ検討してみても、どの様にトイレを選べば良いのか分からないものです。
お客様のライフスタイル・ご要望に合ったトイレを選ぶために、トイレの種類とその違い、便利な機能などを知っておくことが重要です。こちらでは、トイレのタイプと機能をご紹介しています。

トイレの種類について

トイレのタイプは、和式トイレと洋式トイレの2つに大きく分かれます。

和式トイレ

和式トイレ

和式トイレは、便器をまたいで使用するタイプのトイレです。
近年、このタイプのトイレを設置することはほとんどありません。

洋式トイレ

洋式トイレ

洋式トイレは、現在もっとも一般的なトイレのタイプです。

    この洋式トイレには、

  • 従来のタンクがついているタンク式トイレ
  • タンクが無いタンクレストイレ
  • 便器と収納が一体となったシステムトイレ(収納一体型)
  • など、大きく3つの種類があります。

また、タンク式トイレも、組み合わせ型(便器・便座・タンクの組み合わせ)と、一体型(便座・タンクが一体)トイレの2種類があります。

排水方式

このほか、床排水と壁排水の2種類の排水方式あります。
また、排水の位置(床排水方式は、壁から排水管までの距離。壁排水方式は床から排水管までの高さ。)によって設置できるものと出来ないものがあります。

床排水方式

床排水

床から配水管につながれているため、配水管が見えない排水方式です。
一般的に戸建て住宅に多い排水方式です。

壁排水方式

壁排水

壁から配水管につながれているため、配水管が見える排水方式です。
一般的にマンションに多い排水方式です。

便座の種類

便座にも、普通便座・暖房便座・シャワー便座などの種類があります。

普通便座

普通便座

昔から普及している一般的な便座で、特に機能性があるわけではありません。

暖房便座

暖房便座

便座にヒーター機能が備わったもので、冬場に便座カバーがなくても温かく座れます。

シャワー便座

シャワー便座

便座に「おしり洗浄」「ビデ洗浄」など2種類のシャワー機能が付いたもので、暖房便座も標準装備されています。
オプションで、乾燥機能や脱臭機能、オート洗浄、オート開閉などの機能を追加できます。

トイレのリフォームの費用相場

シャワー便座の交換であれば、商品+工事費で5万円前後~で交換できます。 洋式便器を古い物から新しい物への交換と、トイレの内装も同時に新しくする場合、費用相場は20~50万円を目安にお考えください。
和式トレイから洋式トイレに変更する場合は、30万円~必要になるとお考えください。

トイレリフォームの工期

トイレ交換の工期は、便座のみの交換であれば0.5時間とお考え下さい。
便器の交換と内装工事を行う場合は、1日かかります。和式トイレから洋式トイレに変更する場合は、2~3日を目安にお考えください。

トイレの選び方

トイレ交換をする前に、知っておくと役に立つトイレの知識をご紹介します。
まずは、今お使いのトイレ・便器のタイプを把握しましょう。つぎにどの様な機能が欲しいのかトイレの機能を知っておきましょう。
最近のトイレは、お手入れのしやすさや、節水・節電などの機能が向上し、魅力的な機能もたくさん搭載されたものもあります。

トイレのタイプを選ぶ

トイレ・便器は、大きく分けて「タンク式トイレ(組み合わせ型)」「タンク式トイレ(一体型)」「タンクレストイレ」「システムトイレ」の4種類です。それぞれのトイレタイプのメリット・デメリットをご紹介していますので、ライフスタイルを考慮しご家庭に合った適切なトイレを選びましょう。

タンク式トイレ(組み合わせ型)

便器・タンク・便座をそれぞれ組み合わせたトイレです。

メリット

価格帯が安く種類も豊富なので、組み合わせ方によっては利便性や清掃性などを高められる。
タンク上部に手洗いの有無が選択できる。
パーツが独立しているので、故障したときは便座のみの交換が可能。

デメリット

タンクに十分に水が溜まるまでトイレを流すことができません。
  凹凸や隙間が多く、一体型やタンクレスに比べると掃除のしやすさが劣っており手間がかかる。

タンク式トイレ(組み合わせ型)

タンク式トイレ(一体型)

トイレの便座(シャワー便座)・便器・タンクが一体型のトイレです。

メリット

凹凸が少ない一体感のあるデザインで、掃除がしやすい。
タンク上部に手洗いの有無が選択できる。

デメリット

便器と便座が故障した場合にトイレ本体の交換が必要になることがある。
タンクに十分に水が溜まるまでトイレを流すことができません。

タンク式トイレ一体型

タンクレストイレ

便器の後方に水を貯めるタンクがないトイレで、デザインにこだわりを持つ方に人気です。

メリット:タンクがないため凹凸が少なく、お掃除がしやすい。
水道管直結なので、トイレを連続で流せる。
スタイリッシュでデザイン性が高く、サイズがコンパクトなので、トイレ空間を広く使える。

デメリット:トイレ本体に手洗いがなく、必要な場合は別途、手洗い器が必要。
価格が比較的高く、シャワー便座やタンクが故障した場合、機能部を丸ごと交換する必要がある。
水圧が弱い場所に設置できない機種があります。
水を流すのに電気を使っているため、停電時には水を流せず、バケツ等により手動で流す必要がある。

タンクレストイレ

システムトイレ(収納一体型トイレ)

手洗い器や収納キャビネットなど、好みの組み合わせができるトイレです。
現在ある配管を利用して、便器・手洗いの給排水を行い、その配管を隠す部分をキャビネットやカウンターとして利用することで、大規模な工事が必要なくトイレ全体をリフォームできます。 

メリット:タンクと収納が一体となった収納タイプなので、そうじ道具やトイレットペーパー、小物などをすっきりと整理できる。
手洗い器の設置は、既存の給排水を利用できるため、大掛かりな給排水工事は不要。 

デメリット:収納タイプの場合、設置できる間口の幅に制限があり、設置をするには広いスペースが必要。
一般のタンク式トイレ(組み合わせ型・一体型)やタンクレストイレに比べると工事の時間が長くなる。
便器が故障した場合に、便器を含む本体一式(手洗い・カウンターを含む)をまるごと交換しなければならないことがある。
シャワー便座が故障し便座のみを交換する場合、同じメーカーの専用便座のみへの交換となり、他社メーカーの便座を組み合わせることは出来ない。

システムトイレ(収納一体型)

トイレの機能から選ぶ

トイレの機能についてご紹介しています。毎日利用していくものなので、今お使いのトイレの不満点を改善できる機能や、ご要望の機能を知って、トイレ選びの参考にしてください。

フチなし便器

便器のフチの内側は、丁寧に掃除をしても汚れが残りやすい部分です。フチがない滑らかな形状は、力を強く加えなくても簡単、きれいにお掃除できます。

フチなし便座

汚れがつきにくい便器

汚れや水アカがつきにくく、除菌が施された特殊な素材で作られた便器です。

汚れがつきにくい便座

瞬間暖房便座

腰を下ろすときだけ便座を瞬間的に温めるので、使わないときの無駄な電力を軽減します。

瞬間暖房便座

節水

「渦巻き水流」によって、少ない水でもまんべんなく洗浄できます。

節水

夜間ライト

トイレを照らす夜間用のライトです。夜中でも眠気を覚ましにくい優しい明るさで、便器の内部や足元を照らします。

夜間ライト

最後に

トイレの種類と費用相場、選び方をご覧いただき、少しでもトイレ交換の参考となりましたでしょうか?
ライフスタイルからトイレタイプの選択や、欲しい・必要な機能をあらかじめ見定めておくことで、トイレを選択しやすくなります。
トイレ交換に関することでお悩みがございましたら、ぜひ、ポチッと住まいるにご相談ください。