ポチッと住まいるは住宅水廻り機器交換工事専門店。ネットで簡単見積り

[営業時間] 9:00〜18:00
見積り 見積り
探す 商品カテゴリから探す

ガスコンロとIHクッキングヒーターの違い

ガスコンロとIHクッキングヒーターはどちらが良いのか?とお悩みの方も多いかと思います。どちらが良いのかは?ライフスタイルの違いによって異なります。まずはガスコンロとIHクッキングヒーターの違いを知って、ご自身の使い方がどちらのコンロに合っているか考えてみませんか?

仕組みと特徴

IHクッキングヒーターの仕組みと特徴

IHクッキングヒーターの仕組み

IHクッキングヒーターとは、電磁調理器(でんじちょうりき)のことを言います。 内部にあるコイルから磁力が発生し、その磁力が調理器具の底を通過するとき、電気抵抗によって熱が発生する仕組みです。
IHは調理器具の底自体を発熱させるため、周辺の空気中に熱を放射して加熱するガスコンロと比べて、熱効率良く調理器具を加熱します。

ガスコンロの仕組みと特徴

ガスコンロの仕組み

以前より使われている馴染みのある調理器と言えばガスコンロです。ガスを利用したコンロの炎で、鍋底を直接加熱するほか、炎によって空気が暖められ熱となり、鍋を丸ごと包み込んで加熱します。
鍋底のみ加熱するIHと比べて、炎と熱で鍋(フライパン)を包み込むので、隅までくまなく火が通ります。

メリット・デメリット

IHのメリット・デメリット

IHクッキングヒーター

IHクッキングヒーターのメリット

  • 安全性が高い

ガスコンロは、つまみを動かして火加減を調節するため、無意識に体が火に近づいてしまいがちですが、IHクッキングヒーターは、ボタンで調節するため、髪の毛や衣服が引火するといった心配がありません。
また、火を使わずに調理ができることで火災の危険性は低いです。さらに、コンロから調理器具をはなすと、自動的に加熱がストップするため消し忘れ防止になります。そして、人体に有害な窒素酸化物が発生しないので、室内の空気をクリーンに保ち、安心かつ安全な環境で過ごせます。

  • お手入れがラクで清潔

平らな形状なので、吹きこぼれたり調味料をこぼした時など天板を布で一拭きするだけでお掃除ができます。また、上昇気流が発生しないため、水蒸気と油が混ざって生じるベタベタした汚れが発生しにくく、清潔な状態を保ちやすいです。

  • 効率よく省エネに

IHコンロの火力は弱いという印象をもたれがちですが、実は熱の伝わりが非常に早く、すぐに強火にできます。また、液晶画面で操作ができ、火加減のコントロールがしやすく余分な熱をださないことから、省エネにつながるともいえます。ガスコンロとは異なり、立ったままの楽な姿勢で作業をおこなえます。

  • キッチン内の空気が快適

鍋やフライパンなどの調理器具以外に熱が伝わることがなく、キッチン内の温度が安定しているので、夏場でも快適に調理ができます。ガスコンロのように、ガスが燃焼して放たれる二酸化炭素やそのほか入り混じった特有の匂いがキッチンの外へ充満することはありません。

  • 見た目がおしゃれ

IHクッキングヒーターは調理器具を支えるゴトクがありません。フラットなガラス天板は、シンプルでスタイリッシュな印象を与えますので、最近ではおしゃれな空間に調和させたコンロ選びが人気となっています。

IHクッキングヒーターのデメリット

  • 火加減がむずかしい

IHは電力を使える容量が決められており、コンロの火力が強すぎて利用できる範囲をこえてしまうと、ブレーカーが落ちてしまうことがあります。素材を均一に加熱できる反面、表面だけを焼いたりあぶるということができないので、直火を使用する料理には不向きです。また、炒め物などの強い火力で一気に仕上げるような高温調理も不得意で、ガスコンロと同じ火力で調理すると天板が焦げてしまうことがあります。「茹でる」「煮る」という調理では問題ありませんが、「焼く」「炒める」時に注意が必要です。

  • 調理器具に制限がある

フライパンや鍋などの調理器具はIHに対応したものでないと使えない。以前にガスコンロを使っていた場合で、IHに対応していない調理器具を使っていると、調理器具を買い替えなければなりません。素材としては、鉄やステンレスはOKですが、銅やアルミなどの非磁性金属やガラスは使えないなど制限があります。最近では、さまざまな調理器具が使えるオールメタル対応のIHも販売されていますが、今使っている銅鍋を使いたい、軽いアルミ鍋を使いたいなどのご要望がないのであれば、価格が高いオールメタル対応のIHにはメリットが感じられにくい。

  • 停電時に使用できない

電気を使用するので、停電時に使用できません。お住まいの地域にもよりますが、地震や台風の際に停電してしまう可能性が高いのであれば選択を考えるべきかもしれません。

ガスコンロのメリット・デメリット

ガスコンロ

ガスコンロのメリット

  • 火力を自由にコントロールできる

2口でも3口コンロでも同時に強い火が出せるのは、ガスコンロの強みです。フライパンをコンロから遠ざけ、振ってかきまぜる動作が可能で、食材に味をまんべんなく行きわたらせます。また、焼き加減を調節したり、程よい焦げつきを出すなどアレンジを効かせることができるので、料理にこだわりをもつ方にはおすすめです。

  • 調理器具を選ばない

ガスコンロであれば、ほとんどの調理器具は対応しています。新しい調理器具を購入するときにコンロに対応しているかどうか、いちいち確認する手間を省けます。また引っ越した先がガスコンロであれば、新しく買い替える必要がありません。

  • 停電時も使用できる

万が一の天災などガスの供給が停止されない限り、普段どおり利用できます。また、LPガスなら安全を確認できれば、緊急時にも利用できます。

ガスコンロのデメリット

  • 火を扱うため、危険

まわりに燃えやすいものがあると火事に繋がります。ガスをつけたまま他の作業をしてしまうことでガス漏れを起こすなど、取り扱いには注意が必要です。 都市ガスはガス漏れ検知器の設置を義務付けられていませんが、最近では「Siセンサー」という安全装置が搭載されているガスコンロがほとんどです。もしも、消し忘れがあったときには自動で消し止めてくれる機能が付いいるので、安心して利用できるようになっています。

  • 夏場はさらに暑くなりやすい

火を使うことでまわりの空気が熱くなり、夏場は換気扇を回していてもかなり熱がこもるため、調理は暑さとの戦いになります。逆にいえば冬場は暖かくて快適ということも考えられます。夏や冬はどちらも訪れるので、良くも悪くもありますが、夏場のキッチン空間を過ごしやすくするための工夫が大事になるかもしれません。

  • お手入れが大変

IHはフラットな天板なので、調理中に汚れてしまってもサッと一拭きするだけでキレイな状態をキープできますが、ガスコンロは凹凸のある形状なのでしっかりとお手入れする時間が必要です。特にゴトクは焦げつきが出ることが多く、汚れを落とすのが大変です。

IHクッキングヒーターとガスコンロの簡単比較

それぞれの特徴やメリット・デメリットをご覧いただきましたが、どちらが良いのか判断するのは難しいものです。「IHクッキングヒーター」「ガスコンロ」どちらにするのか決めていただくために、少しでもお役に立てるよう簡単な比較表にまとめてみました。どうぞご覧ください。

IHクッキングヒーター

  • 基本は鉄・ステンレス

ガスコンロ

  • 素材は選ばずなんでもOK

IHクッキングヒーター

  • 加熱状況は液晶表示で確認
  • 立ったまま調理状況を見られる。
  • 停電で使用不可。
  • 焼く、あぶる料理が不得意。

ガスコンロ

  • 炎を目で見て確認できるので、火力がわかりやすい。
  • 停電でも使用可能。
  • 柔軟な調理方法。

IHクッキングヒーター

  • 炎が出ないので安心ですが、調理後すぐの天板の熱によるやけどに注意。

ガスコンロ

  • 炎がでるので注意が必要。
    お子様や高齢者に注意。

IHクッキングヒーター

  • 部屋の温度が高くならないので夏場は快適。
  • 嫌なにおいが充満しない。

ガスコンロ

  • キッチンまわりが熱くなるので夏場は暑い。
  • 二酸化炭素を排出する。

IHクッキングヒーター

  • フラットな天板でサッと一拭き。

ガスコンロ

  • 天板とゴトクのこまめなお手入れが必要。

IHクッキングヒーター

  • IHからIH⇒8.1万円~
  • ガスからIH⇒11.8万円~

ガスコンロ

  • ガスからガス⇒8.6万円~
  • IHからガス⇒高価格のため要見積

IHクッキングヒーター

  • 朝10時~夕方17時
    (約26.33円夏場は28.96円)
  • 朝7~10時・夜17~23時
    約22.89円
  • 深夜23時~朝7時
    約15.20円

ガスコンロ

  • 約18.1円

※1kWh(1時間)あたりの価格

まとめ

IHクッキングヒーターとガスコンロの特徴など、ご理解いただけましでしょうか? それぞれの機器にメリット・デメリットがございます。メリットなどの良い面ばかりを見ていると、実際に使ってみた後に、確認していなかったデメリットによってストレスを感じることも。 普段の生活を思い出し、「安全性を高めたい」「とにかく掃除・お手入れを楽に」「本格的な料理を楽しみたい」など、普段の生活スタイルや家族構成などから考えて選んでみるのも良いかもしれません。 IHクッキングヒーターやガスコンロの選び方でお悩みでしたら、ポチッと住まいるにご相談ください。