ポチッと住まいるは住宅水廻り機器交換工事専門店。ネットで簡単見積り

[営業時間] 9:00〜18:00
見積り 見積り
探す 商品カテゴリから探す

キッチンの蛇口の選び方、交換費用

家に蛇口がいくつかありますが、その中でも特に利用する機会が多いのはキッチンの蛇口。 最近では、水を運んでくれる部品としてではなく、おしゃれな空間を演出するインテリアとしてとらえられるほど、その魅力は増しています。 こちらでは、キッチンの蛇口交換を検討されている方へ、蛇口の選び方のポイントや費用相場をご紹介します。

キッチンの蛇口を交換する前に

キッチンの蛇口を交換する前に

キッチンの蛇口に不具合が生じたときは、水道修理業者に依頼をするのが一般的です。しかし、状況によっては蛇口ごと交換するのではなく、修理や部品のみの交換で済む場合もあります。軽度の症状であれば自分で交換することも可能で、業者に支払う作業費や出張費などを抑えられます。
キッチンの蛇口交換をする前に、業者に依頼するのか、自分で作業するのか判断が必要で、不具合の状況を把握するためにもよくみられる症状のチェックしてみましょう!

●蛇口からの水漏れ

水漏れは蛇口の不具合の中でも最も多くみられる症状です。ポタポタ水が流れるくらいの軽度の水漏れはコマやパッキン、カートリッジなどの経年劣化、ボルトやナットの緩みなどから生じる場合がほとんどです。パッキンの劣化であればパッキンの交換、ナットの緩みであれば工具でナットを閉めなおすだけで水漏れが直ることがありますので、まずは修理を考えると良いでしょう。このように軽度の水漏れの場合は自分で解決できることも多いですが、 水が止まらない、出ないなどの重度の場合はすぐに水道修理業者に依頼することをおすすめします。

●蛇口の寿命

キッチンの蛇口の耐用年数は一般的に10~15年です。使用頻度によって寿命は異なりますが、現在お使いの蛇口が10年を過ぎている場合、水漏れなどの不具合がいつ起きてもおかしくない状況です。たとえ不具合が目で確認できなくても、長年使っているとどこかに破損が見られ、本体の劣化が進んでしまっているケースが多いです。金属はサビや腐食を起こし、目に見えない部分からじわじわ進行するので、ある日突然水が出なくなった、という事態に陥ることもあります。10年以上使いつづけた蛇口は、迷わず交換しましょう。

●蛇口の破損

蛇口の破損といっても本体がグラグラしたり、パイプやハンドル部分が折れたり、レバー部分が外れてしまったなど症状はさまざまですが、大抵の場合は経年によるサビや腐食が原因であるケースが多いです。部品の破損であれば交換だけで済みますが、グラついた蛇口が接する壁中の配管部分が何らかの原因で破損している可能性もありますので、修理よりも蛇口本体ごと交換したほうが良いです。

●蛇口のつまり

蛇口から水の出が少なかったり、飛び散ったりするのは、蛇口の先に付いているフィルターのつまりが原因かもしれません。フィルターは水道管や配管からくる不純物や汚れを取るためのもので、特に古い家の場合は配管に鉄を使用しており鉄サビが詰まることが多い。このつまりを解消するには使い古した歯ブラシなどでフィルターの網を掃除すると良いでしょう。もし、汚れを取り除いたのに流れがスムーズにならない場合は、給水管や給湯器の不具合も考えられるので業者に相談することをおすすめします。

キッチンの蛇口の選び方

キッチンの蛇口の選び方

修理や部品交換で問題が解決できなければ、新しい蛇口に交換を検討しましょう。業者に交換を依頼する場合、取り付け可能な部品を選定してもらえますが、自分で交換する場合には、蛇口を選定し手配するところからはじめなければなりません。このため、現在使っている蛇口を把握するために、蛇口の種類や特徴をご紹介しています。

●キッチン蛇口の種類

キッチンの蛇口交換をするために、まずは自分が使っている蛇口の種類を特定しましょう。
まず、キッチンの蛇口は大きくわけて2種類あり、キッチンシンクに取り付けられている「台付き」か、壁に取り付けられている「壁付き」かを確認します。台付きタイプは、蛇口の取り付け部分の穴の数によって「ワンホール」と「ツーホール」に分かれ、壁付きタイプはその名の通り、蛇口が壁に取り付けられているタイプのことをいいます。

台付きワンホールタイプ

台付きワンホールタイプ

キッチン天板に取り付け穴がひとつだけ空いており、そこに蛇口をはめ込むタイプです。キッチン天板に空いている取り付け穴の直径と蛇口の差し込み部分の直径が一致していれば取り替えられます。
ワンホールタイプの蛇口からツーホールタイプに交換はできません。

台付きツーホールタイプ

台付ツーホールタイプ

キッチン天板に取り付け穴がふたつ空いており、その2か所に蛇口をはめ込むタイプです。
ツーホールタイプの蛇口からワンホールタイプに交換はできません。また、キッチン天板に空いたふたつの穴の距離と同じ距離の蛇口を選ぶ必要があります。

壁付きタイプ

壁付きタイプ

壁の中に埋まっている水道管に直接取り付けるタイプです。「取り付け幅」という蛇口のアームを取り付ける際に必要な幅が適切でないと、蛇口を買っても取り付けられない失敗が起こるので注意が必要です。部品の取り扱い説明書に取り付け幅の説明が書かれているので、よく読んで適切な部品を選びましょう。

単水栓

単水栓

水もしくはお湯のどちらか一方しか出ない蛇口のことです。水栓自体で温度調整はできません。

混合栓

混合栓

水もお湯も両方出る蛇口のことを混合水栓といい、レバーやハンドルで水とお湯の切り替えができる蛇口はこれに当てはまります。

●キッチン蛇口の口径

現在のキッチン蛇口の種類が把握できたら、次に重要なことは「蛇口の口径」です。口径とは、キッチンの天板に空いている穴の大きさのことですが、仮にサイズの違う蛇口を選んでしまうと蛇口が取り付けられなかったり、天板との間に隙間ができてグラグラするといった不具合が生じます。商品の取り扱い説明書に蛇口の口径のサイズが書いてあるので、しっかり確認しておきましょう。また、ツーホールタイプの場合はふたつの穴の距離の確認も必須です。

●さまざまな蛇口の機能

最近の蛇口は、水やお湯を出すといった単純な機能だけを備えているわけではありません。蛇口を交換することで日常の使い勝手がよくなるだけでなく、キッチン全体の雰囲気を変え、小さいながらも大きな役割を果たしてくれる存在でもあります。目をひくようなさまざまな機能をいくつか紹介します。

・シャワー/スプレー切替

引き出せるハンドシャワー

浴室のシャワーのように、ヘッド部分の多数の小さな穴を通して吐水します。ストレート吐水よりも水のあたる面積が広いため、鍋やフライパンなどの大きな調理器具が洗いやすく、シンク内の掃除もしやすく、家事の効率が上がります。また、口先が引き出せるハンドシャワーはさらに身動きがとりやすく、シャワー/スプレー吐水にセットで追加したい機能のひとつです。

・浄水器付き

浄水器付

蛇口の吐水口に別に設置するカセット型の浄水器とは異なり、最近では蛇口からそのまま浄水が出てくる浄水器内蔵型の蛇口が人気です。吐水口に別に取り付けるタイプは小まめに掃除しないと徐々に汚れていき見た目も良くありませんでしたが、蛇口との一体化でデザインや機能性が格段にアップしました。不純物の除去率が高く安全でおいしい水が飲めるので、お子様や高齢者のいらっしゃる家庭におすすめです。

・水素水や炭酸水

水素水生成器

水道水に含まれる塩素や鉛などを除去するだけでなく、電気分解することにより胃腸症状の改善に効果が期待できるような水素水を生み出す機能を備えた蛇口や、新鮮な炭酸水をその場で作れる画期的な蛇口もあります。

キッチンの蛇口交換の費用相場

キッチンの蛇口の交換を考えたときに、自分で交換するのか、業者に依頼するのとでは費用が異なります。自分で交換する場合、必要な費用は「蛇口本体の価格」と「工具代」だけで、100円均一で道具がほぼ揃えられることを考えると、業者に依頼するよりも随分と安く済みます。しかし、自分で交換するにはある程度の知識と技術が求められるので、万が一失敗すると修復するのに費用がかさんでしまうこともあります。不安な方ははじめから業者に依頼することをおすすめしますが、見積もりの内容を正確に判断するために、交換にかかる費用相場を前もって頭に入れておきましょう。

蛇口の価格

さまざまな種類の蛇口が、ホームセンターやインターネット通販で販売されています。 蛇口本体の価格は、1~3万円が相場です。シンプルな混合水栓であれば1~1.5万円、サーモスタットなど特別な機能を備えた蛇口は2万円を超えることもあります。

●業者に蛇口交換を依頼する場合にかかる費用は?

業者に交換を依頼する場合にかかる費用は、「蛇口本体の価格」と「交換工事費」の2種類です。交換工事費は業者により異なりますので、複数業者から見積もりをとって工事内容をしっかりと確認しておくようにしましょう。

キッチンの蛇口交換の費用相場表 ※交換工事費含む
混合水栓(ワンホール)交換 12,100円~(税込/工事費のみ)
混合水栓(ツーホール)交換 16,500円~(税込/工事費のみ)
混合水栓(壁付/デッキ式)交換 12,100円~(税込/工事費のみ)
単水栓(壁付/デッキ式)交換 12,100円~(税込/工事費のみ)

最後に

キッチンの蛇口の交換は、自分でするのか業者に依頼するのかによって、準備しておく内容が変わってきます。業者に依頼するなら作業をすべてお任せでき失敗のリスクはほぼありませんが、商品代のほかに交換作業費が必要です。一方、自分で交換するなら費用は安く抑えられますが、蛇口の種類や交換方法を勉強したり、必要な道具を買い揃えないといけないので時間と労力の負担がかかります。どちらの交換方法も良し悪しはありますので、総合的に判断し納得のいく方を選択してください。 もし蛇口の交換に関してお悩みでございましたら、ポチッと住まいるまで。