ポチッと住まいるは住宅水廻り機器交換工事専門店。ネットで簡単見積り

[営業時間] 9:00〜18:00
見積り 見積り
探す 商品カテゴリから探す

IHクッキングヒーターの種類と選び方

お手入れの簡単さが魅力のひとつであるIHクッキングヒーター。スタイリッシュで美しい強化ガラスのトッププレートや、火を使わず電気で火力を制御するため安全性の高さも注目を集めています。 しかし、実際にIHクッキングヒーターを選ぼうとすると、どれを選べばいいのか迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか。 こちらでは、IHクッキングヒーターの種類から、選び方についてまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

種類

ご家庭に設置されているIHクッキングヒーターは、大きく分け「ビルトインタイプ」「据え置きタイプ」の2種類があります。 ポチッと住まいるでは、「ビルトインタイプ」を主に取り扱っています。

ビルトインタイプ

幅60cm・75cmタイプ

システムキッチンの多くに対応しているのがビルトインタイプのIHクッキングヒーター。キッチンと一体化するタイプで、見た目がスマートでおしゃれです。 ヒーター(コンロ)数は、主に3口とほかのタイプより多い。また、多くの機種で魚焼きグリルが付いていたり、機能も多彩で、効率的に多くの料理を作ることができます。 天板のサイズが幅60cmと75cmの2種類あり、設置スペースや使用する調理器具のサイズなどを事前に確認してから判断しましょう。

据え置きタイプ

据え置きタイプ

コンロを配置できるスペースに、IHクッキングヒーターを設置したものが据え置きタイプです。 ヒーター(コンロ)数は、主に2口タイプが多い。 据え置きタイプには、魚焼きグリルが付いているものと付いていないものがあります。魚焼きグリルの有無で価格は変わり、魚焼きグリルが付いているものは火力が強いタイプが多く、魚焼きグリル付いていないタイプは薄型のものが多いです。 現在、据え置きタイプのコンロを使用している環境であれば、同様のセッティングが行えるので、ビルドインタイプに比べると簡単に導入できます。ただし、IH本体とキッチンの天板の間にすき間ができるため、調理中に出る細かい食材やホコリなどがたまりやすく気になるかもしれません。

設置状況の確認

IHクッキングヒーターの選び方をご覧いただく前に、ご自宅で今お使いのコンロやキッチンの状況を事前に把握しておきましょう。

お使いのコンロの種類は?

今お使いのコンロは、「IHクッキングヒーター」ですか?「ガスコンロ」でしょうか?コンロの種類によって工事内容が変わります。
IHクッキングヒーターのビルトインタイプからビルトインタイプへの交換であれば、問題なく交換可能です。また、据置タイプから据置タイプへの交換も同様です。 ガスコンロ(ビルトインタイプ、据え置きタイプのどちらも)からIHクッキングヒーターへの交換は、別途、電気配線やガスの閉栓などの工事が必要になる場合が多いです。
200V電源について ご家庭で使われている電気機器の電源は100Vと200Vのものがあります。 炊飯器や電子レンジなどは100V電源が使われていますが、ビルトインタイプのIHクッキングヒーターは、一度に使う電気の量が多いため200Vの電気配線が専用で必要となります。 現在、ビルトインタイプのIHクッキングヒーターをお使いの場合は、200Vの電気配線はすでにされているので準備する必要はありません、ビルトインタイプのガスコンロからIHクッキングヒーターに交換する場合は、200Vの電気配線が新たに必要となります。

天板のサイズ

IHクッキングヒーター本体のサイズは、基本的にどのメーカーも同じ幅で作られています。また、天板のサイズも規格があり75cmと60cmの2種類で、天板のサイズが60cmを75cmへ交換、75cmを60cmへ交換することが可能(システムキッチンの設置状況による)です。
大きめの調理器具でゆったりと料理をつくりたい場合は天板サイズが75cmのものを、キッチンの調理スペースを広くしたい場合は60cmなど、料理を作るスタイルによって選ばれることをおすすめします。

オーブンの有無

今お使いのIHクッキングヒーター(または、ガスコンロ)の下に、ガスオーブン、電気オーブンが設置されているか確認が必要です。

ガスオーブンがある場合

IHクッキングヒーターへ交換する場合、今お使いのガスオーブンは使用できなくなります。IHへ交換後もオーブンを使いたい場合は、IHクッキングヒーターと同じメーカーの電気オーブンが必要となります。

電気オーブンがある場合

既存の電気オーブンを残して、新しいIHクッキングヒーターに交換する場合、新しく交換するIHクッキングヒーターのメーカーを、ご利用中の電気オーブンのメーカーに合わせる必要があります。IHクッキングヒーターと電気オーブンのメーカーが異なる場合は設置できません。

ヒーター数

ヒーターの数は、ポチッと住まいるで取り扱っている商品で言うと、2口IH、2口IH+1口ラジエントヒーター、3口IHタイプがあります。 価格面でみると、2口IHタイプはお手頃で、3口IHタイプはハイグレードで多くみられる傾向にあります。 ハイグレードになると、ヒーターがオールメタル対応となっており、鉄・鉄ホーロー・ステンレスはもちろん、多層鍋や銅・アルミなど磁石の付かない金属製鍋も加熱可能です。

ヒーターの種類と組み合わせ

種類

IHクッキングヒーター

IHクッキングヒーター

IHクッキングヒーター内に、渦巻状のコイルが入っており、ここに電力が流れることでコイル周辺に磁力線が発生します。この磁力線が金属でできた鍋底を通過する際に「渦電流」を発生させます。 渦電流が流れる時、鍋底の電気抵抗で熱が発生し、この熱によって鍋の中身が温まり調理ができます。また、輻射熱が少なく、周囲が熱くなりにくいのも特徴です。
IHクッキングヒータは鍋の材質にも制限があります。たとえば、鉄などの磁性体(「磁石にくっつく」性質を持った物質)でできた調理器具、鉄やステンレス、ホーローでないと加熱ができません。

メリット
  • 熱効率がよい
  • 温度調整が簡単
  • 天板がフラットで掃除がしやすい
  • 火を使わず安全性が高い
デメリット
  • 鉄・ホーロー・ステンレス鍋など、使える鍋が限らいてる
  • 火を直接使う炙り調理やフランベなどができない

オールメタル対応IHクッキングヒーター

オールメタル対応IHクッキングヒーター

通常のIHクッキングヒーターは、鉄かステンレスしか使う事ことができませんでしたんが、オールメタル対応IHはアルミや銅の鍋(フライパン)など多くの種類の金属鍋を利用できます。
通常のIHクッキングヒーター同様、安定した火力で幅広い温度コントロールで調理ができます。また、輻射熱が少なく、周囲が熱くなりにくいです。 ただし、アルミや銅などの調理器具を使用する場合は、加熱効率が低く消費電力が大きくなるため、通常のIHクッキングヒーターより光熱費が掛かります。 オールメタルが搭載されていない通常のIHクッキングヒーターに比べ、機器代金が高くなります。
※金属製の鍋(フライパン)でも、形状によってはご利用いただけないものがあります。

メリット
  • どの種類の金属製鍋も使用できる
  • 温度調整が簡単
  • 天板がフラットで掃除がしやすい
  • 火を使わず安全性が高い
デメリット
  • 火を直接使う炙り調理やフランベなどができない
  • 耐熱ガラスや土鍋は使用できない
  • 通常のIHより機器代金が高い

ラジエントヒーター

ラジエントヒーター

トッププレートの下に埋め込まれたニクロム線ヒーターで、鍋を加熱します。通常のIHクッキングヒーターと違いプレートが直接熱くなるため、底が平らであればアルミ・銅などの金属鍋・耐熱ガラス鍋・土鍋など、すべての種類の鍋などを加熱することができます。また、するめや焼きのりなどをあぶることも出来ます。
しかし、IHクッキングヒーターに比べ、最大火力も低く、熱効率も悪いです。また、プレートが直接熱くなるため、焦げ付きやすく、触るとやけどする場合もあるので注意が必要です。
お手持ちのアルミ・銅などの金属鍋・耐熱ガラス鍋・土鍋などを使用し、機器代金を抑える場合には、ラジエントヒーターがおすすめです。

メリット
  • IHでは使えない鍋も使用できる
  • IHに比べて機器代金が安い
  • 炙り調理ができる
  • 余熱で調理ができる
デメリット
  • IHに比べて熱効率が悪く光熱費がかかる
  • IHに比べて最大火力が低い
  • プレートが焦げ付きやすい
  • ラジエントヒーターに触れるとやけどする恐れがある

組み合わせ

  • 3口IHタイプ
  • 2口IH+ラジエントタイプ
  • オールメタルIHタイプ

グリル機能

グリル機能

IHクッキングヒーターのグリルは、ほとんどが「無水両面焼」です。このため、受け皿に水を張る必要はなく、使用後も張った水の処理を行う余計な手間が必要なくなりました。 グリルは魚焼き専門ではなく、自動調理機能や幅広い温度帯でオーブン調理も手軽にできるものもあります。
各メーカーより、さまざまなグリル機能を持った商品が販売されています。IHを検討する際にはグリル機能も比較する項目として挙げておきましょう。

オート調理機能

オート調理機能

オート機能とは、食材・料理メニューに合わせ自動で火加減を調整し、消火まで行ってくれる機能のことを言います。
この「オート調理機能」は、機種によって様々な機能が搭載されています。 各メーカーで共通する機能としては、「湯沸かし機能」「麺ゆで機能」「炊飯機能」などがあり人気です。

安全機能

IHクッキングヒーターは、火を使わないので安全性は高いと言われていますが、急激に鍋底が加熱されるので、間違った使い方をすると発火の恐れがあります。また、火を使わないことで、わかりにくいと言う事があります。 このため、最新のIHクッキングヒーターには、多くの安全機能が搭載されています。
メーカーや機種のグレードによって機能が異なります。IHを検討する際には、安全機能を比較項目とすることで、IH選びの判断材料となります。

切り忘れ防止自動停止

切り忘れ自動OFF

電源スイッチを入れたま、一定時間ボタン操作をしないと自動的に切れる機能が「自動オフ機能」です。
安全面はもちろん、省エネも考慮した便利な機能です。鍋の空焼きが一定時間続くと、自動的に停止する機能を持つ機種もあります。

チャイルドロック
(オートロック)

チャイルドロック

子供がいる家庭や、子供を残して留守にする機会が多い場合に必須なのがチャイルドロック機です。
IHクッキングヒーターを使わないときにロックしておくことで、子供のいたずら操作で間違って電源が入らないように制限することができます。また、予期せぬ誤作動も防ぐことができます。

空焼き自動OFF

空焼き自動OFF

鍋の空焼き状態が一定時間続くと、自動的に通電を停止し、ブザーと異常表示でお知らせする機能です。
鍋の種類により通電を停止するまでの時間が異なります。また、鍋の種類や火力が弱い場合などによっては、この機能が働かないことがあるため注意が必要です。

小物自動OFF

小物感知自動OFF

基本的にIHクッキングヒーターは、上に置かれた調理器具の底面部のみが発熱します。このためトッププレートの上に何も置かなければ勝手に発熱することはありませんが、ナイフやスプーンなどの金属製の小物を天板の上に置いた場合でも間違って鍋やフライパンと判断されることなく、発熱させない機能があるとより安心です。

揚げ物専用の温度調整設定

揚げ物専用温度設定

揚げ物をよくする家庭であれば、揚げ物専用の温度調整設定があると便利です。自動で火力を調節し油の温度を一定に保ってくれます。
材料を入れた際に油の温度が低下すれば温度を戻し、温度の上昇しすぎも防いでくれるので安全に揚げ物調理をおこなえます。

まとめ

IHクッキングヒーターを選ぶポイントとして、今お使いのお鍋を今後も使うのかによってヒーターの種類や組み合わせを決めたり、 オーブンでどの様な料理をつくり、どのような機能が必要なのかや、安全機能で必要なものは何かなど、IHの使い方や要望によって、おのずと機種が絞られてきます。 ご希望のIHクッキングヒーターが決まっておりましたら、是非、ポチッと住まいるの無料お見積りをご利用ください。