ポチッと住まいるは住宅水廻り機器交換工事専門店。ネットで簡単見積り

[営業時間] 9:00〜18:00
見積り 見積り
探す 商品カテゴリから探す

給湯器と給湯器交換でよくある聞く疑問?!

給湯器の交換を検討する人の中には、給湯器の機能など漠然とはわかっているが、実際にはどういった違いがあるのかよく判らないといった方も多いのではないでしょうか?
今回、給湯器の基本的な機能やよく聞かれる疑問について解説しています。

基本的な機能について

給湯器のオートとフルオートの違いについて

オート機能付き給湯器

オート機能の付いた給湯器は、「お湯はり」「保温」「追い焚き」を自動で行います。 スイッチひとつで、設定した温度と湯量へ自動でお湯はりをします。
また、自動機能をオンにすることで、浴槽内のお湯の温度をチェックし、温度が下がってくると自動で追い焚きをしてくれます。 「たし湯」は、手動でスイッチを押すことで約20Lのお湯がたされます。

フルオート機能付き給湯器

フルオート機能の付いた給湯器は、「お湯はり」「保温」「追い焚き」「たし湯」までをすべて自動で行います。 オート機能に加えて、浴槽内の湯量が減ると自動でたし湯が行われます。 自動たし湯機能があることで、浴槽のお湯をたくさん使い、お湯がほとんど無くなってしまって、次の人に迷惑をかけてしまうといった心配もありません。
さらに、フルオート機能付きの給湯器には「おいだき配管自動洗浄機能」「自動沸きあげ機能」という便利な機能も付いています。

おいだき配管自動洗浄機能
浴槽の栓を抜いて残りの湯量が循環金具付近まで減ると、追い焚き配管をキレイなお湯で流し洗浄することで、汚れや水垢、入浴剤などを洗い流します。
自動沸きあげ機能
冷えた体で入浴された時や、二番湯以降の入浴でお湯がぬるくなっているときなどに自動で沸き上げるため、快適に入浴することができます。

高温差し湯式と追い焚きの違い

高温差し湯式について

高温差し湯式

高温差し湯とは、高温の熱湯を新たに差し湯することで浴槽のお湯を温める方式です。
差し湯の仕方には、蛇口やバスタブの内側からお湯を出す方式のものがあります。

メリット
差し湯のたびに、新しいお湯を使うため、追い焚き式と比較すると衛生的です。 追い焚き式に比べてコストが低くなります。
デメリット
毎回新しいお湯を差し湯して、新たな水を使うため節水に繋がりません。例えば、差し湯してお湯をあたためるには、ある程度水を抜く必要があります。 また、差し湯が高温なため火傷しないように注意する必要があります。

追い焚きについて

追い焚き

追い焚きとは、浴槽内の冷めたお湯をボイラー等へ循環させて温めなおす方式です。

メリット
浴槽内のお湯を循環させて温め直すため、新たな水を使わないので節水に繋がります。前日の残り湯を温め直して、翌日も入浴するといった使い方もできます。
デメリット
差し湯方式に比べ、追い焚きは設備が複雑なため、設置コストが高めになります。入浴後のお湯が配管内部に残るため、雑菌が繁殖しやすいなど衛生面で気になることがあります。

給湯器交換よくある疑問

給湯器交換で、本体費用以外掛かる必要な費用ってなに?

給湯器本体以外に必要な費用は、リモコンの費用、部材費用(浴槽アダプター[循環金具]、据置台、配管カバー、排気カバー、PS扉内設置用取付BOXなど)、取り替え工事費、本体の処分費などが必要となります。

お湯が出ない!給湯器の交換まで何日かかるの?

通常は、現場調査後に商品の発注、工事担当の手配を行うので、給湯器交換まで4~7日くらいの日数がかかりますが、給湯器の在庫あり、工事担当の確保がすぐに行えた場合は3~4日で給湯器交換工事に伺えます。(※その時の工事状況によって変わります。) 給湯器の交換工事自体は、おおよそ半日~1日で完了します。

給湯タイプから追い焚きタイプの給湯器への変更は可能?

給湯タイプから追い焚きタイプの給湯器への変更は可能ですが、躯体の壁に管を通す穴を空ける必要があります。お客様がマンションにお住まいの場合、マンション側の許可がないと変更は基本できません。

最後に

給湯器交換を行う際によく聞く給湯器の機能、交換工事に関する疑問をご紹介しました。
これら以外に、気になる事があるかと思います。ポチッと住まいるでは、経験豊かなスタッフが、皆様の疑問にお答えします。